過去の記憶から消滅したいと願ったとき、いのちそのものを描こうと思った。
「いのちのほのお」と名付けて、いまここに生きていることを確認したいときに描いている作品です。
Back to Top