2019年

暖色を使いつつ冬を感じさせる色を探しました。景色ではなく、シンボルと色の構成の絵です。